test|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル
緊急事態宣言の中、5月梅雨入りです。
今年の梅雨は長そうです!                        21/5/18
代々木公園_01
代々木公園_02
月刊カメラマン

私の家の近所に代々木公園があります。春は桜の名所ですが、今年はお花見ができないように3月からずっとオレンジ色のネットが貼られています。今では草ぼうぼうでハルジオンと思われる花がたくさん咲いています。人が入れないとなると地面が踏み固められないからでしょうか。生命の強さを感じます。コロナ禍でも季節は過ぎていきます。アジサイの小さなつぼみがもういっぱいになっていました。

『カメラマン 間違いだらけのレンズ選び!! & レンズBOOK2021』(カメラマンMOOKシリーズ)を発売いたします。
もちろん私も参加しています。

こんにちは、阿部秀之です。
なんと驚くことに5月だというのに梅雨入りのニュースが聞こえてきました。
沖縄地方と奄美地方は、5月5日。
九州南部は、5月11日で、梅雨についての統計が行われている71年間で2番目に早い
梅雨入りだそうです。その後、東海地方までつぎつぎに梅雨入りしましたが、
沖縄と奄美地方以外は平年より19日以上も早く、その他は1位か2位という
記録的な早さの梅雨入りだそうです。関東も時間の問題でしょうね。
もしかしたら今日明日か、遅くても来週ですね。

 早く梅雨入りすると早く明けるのかと聞いたら、明けるのは同じで長くなるだけのようです。
今年はコロナ禍で出かけられないし、梅雨は長いしで、くれぐれも機材、特にレンズにカビが
生えないようにご注意ください。生えるときは一週間で広がりますよ。
普段使っている機材は大丈夫です。
まったく使っていないのはもちろんですが、たまにしか使わない機材で、
前回使ってから数か月カメラバッグに入れたままといった場合が危険です。

 東洋リビングの防湿庫「オートクリーンドライ」がおススメです。
迷っている方、思い切って買っちゃいましょう。
絶対に後悔はしないです。必ずもっと早く買っておけば良かったと思うはずです。
 防湿庫を選ぶ時のポイントは、いま持っている機材と照らし合わせて、
このくらいがちょうどいいなと思ったものより、ひとまわり大きなものを選ぶことです。
ピッタリだと出し入れが行いにくいし、機材は必ず増えるので余裕が必要です。
そして類似品にご注意ください。東洋リビングの「オートクリーンドライ」ですよ。

 さて、あちこちでワクチン接種が始まりましたね。それはとても喜ばしいことです。
最新データによれば2回接種すると変異ウィルスにも強い抗体ができるそうです。
ワクチン先進国では、もうマスクなしでコロナ前の生活に戻っていると聞きます。
ただ日本の場合、予約システムに問題を感じます。高齢者向けなのにネットかLINE限定とか。
電話をすればつながらない。役所では職員が予約を手伝ってくれる窓口もあるようですが、
列ができています。
 個人で予約をしてもらうのではなく、住民票の近くの会場を日時指定して行ってもらえば
いいのにと思います。今の予約システムでも自分の都合で日時を選ぶというよりも、
空いているところに予約を入れるしかないのですから。
そしてどうしても都合がつかない場合のみ電話で変更を申し出たら良いでしょう。
実際に一部の自治体ではこういった方法で混乱を回避しているようです。
ちょっと考えただけで思い浮かぶ程度のアイデアなので、実際に運営するとなると
問題も多いのかもしれませんが、予約で右往左往するなんてお粗末な話です。

 最後に宣伝です。カメラ雑誌受難の時代。月カメ、アサカメ、ポンカメ…月刊誌としては
真っ先に休刊したものの、昨年末にゾンビのごとく蘇った「カメラマン」のムックシリーズの第2弾。
今回のテーマは「レンズ」。
例によってカメラメーカーへの忖度、自粛、オトナの事情は一切ナシの
座談会をメインに、月刊誌時代の人気企画「トヨ魂」「どっちのレンズショー」、
不人気企画「オリモト」を新バージョンで展開。
現行交換レンズを“ほぼ”網羅したレンズBOOKにも注目!
月刊カメラマン

■ページ数:4Cオールカラー180ページ
■価格:1580円(税込)
■詳しくはこちら

というわけで、また来月!

※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

PageTop