202101|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル

フォトabe1

フォトabe2

フォトabe3

交換用の給湯器です。お湯を沸かすだけでなく、床暖房、浴室乾燥機なども行うので大型です。
1月2日は赤坂ホテルへ行きました。ドラッグストアの照明は明るいですが、さすがに夜は人通りも少なくUberの自転車が通るくらいでした。
低反発マットレス(トゥルースリーパープレミアケア)の重さは6kg以上あります。
気軽に受け取っていたらまた魔女に一突きされたでしょう。
2021年はきっと良いことばかりです!              21/1/18
遅ればせながらおめでとうございます。阿部秀之です。

さて、年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか。帰省や旅行された方は少ないでしょうね。
私は正月明けには毎年必ずタイやベトナムなど南国に行っていたのですが、今年は家にいました。
コロナで海外に出られないのもありますが、正確には遠くには行かれなかったのです。
というのもあと3日で2020年も終わるという12月28日にギックリ腰をやってしまいました。
写真家は普段から無理な姿勢で撮影をしたり、重たい機材を持つので腰が悪い人が多いのです。
私もこれまでに何度もギックリ腰をやっています。ですが、ここ何年かはなっていませんでした。
魔女の一突きとも言われるそうですが、本当に一瞬のことでした。
寝ても起きても痛くてホトホト困りました。

不運は続きます。30日の午後に突然、蛇口をひねってもお湯が出なくなりました。給湯器の故障です。給湯器が壊れるときには、大きな音がしたり、なかなか熱くならないなど前触れがあると聞いていたのですが、まったく前兆はなかったです。朝は普通に出ていましたから。給湯器が壊れるとお湯がでないだけでなく、床暖房もできなくなります。床暖房はマンションの備え付けの設備です。
その代わりにガスや灯油のストーブの使用が禁止されていたので、ほかに暖房らしいものがありません。エアコンの暖房機能は暖かい風は出てきますが、部屋中を暖められるほどのパワーがありません。これで腰痛が悪化したように思います。

インターネットで給湯器を取り扱う会社を調べ、数社にメールをすると1社からすぐに電話がかかってきました。一番早い工事で1月7日とのことでした。もちろんお願いしました。それからは新宿や赤坂など家から近いホテルへお風呂に入りに行きました。自粛要請のおかげかホテルは空いていてバーゲンプライスだったのは助かりました。7日まで連泊していたかったのですが、おせち料理や、そのほかお正月用にと食材を多量に買ってあったので、それらを消費しなければなりません。夕飯を食べてからホテルへ行き、また家に戻って来るという繰り返しでした。腰が痛くなければそれも良かったのですが、出歩くのはなかなか大変でした。

ギックリ腰の発生から3週間が経ち、ようやく痛みも収まってきました。妻が腰にいいだろうとトゥルースリーパープレミアケアという低反発マットレスを買ってくれたのが良かったようです。
それまでは腰の痛みで夜中に2回ぐらいは目が覚めていたのですが、朝まで眠れるようになりました。ただ、トゥルースリーパーってものすごく重たいのです。運んできてくれた宅配便のお兄さんが「重いっすよ」と言ってくれたので危うく難を逃れました。普通に受け取ったら間違いなくギックリ腰を再発していました。

年末年始にこれだけ大変なことがあると、今年はもうこれ以上悪いことが起こるような気はしません。良いことばかりが訪れること間違いなしです。今年もどうぞよろしくお願いします。
     ※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

PageTop